ニキビ研究室

ニキビをなくすために、ケア方法、治療方法などをまとめています。ニキビ治療におすすめのクリニックや薬も取り上げているので参考としてください。間違ったケアを行うとニキビ跡にもなってしまうため、正しいケア方法を知ることが大切です。

肌の構造を知ってニキビをなくす



肌は平らに見えますが、実は細かい山と谷状になっています。
この、山の部分を皮丘、谷の部分を皮溝と言います。
皮丘の中心には汗孔と呼ばれる汗の出口があり、皮溝には毛孔があります。

構造は、皮膚の上から順に表皮→真皮→皮下組織となっています。
表皮の厚さは、およそ0.2ミリで真皮と合わせると1.4ミリほどです。
素肌の美しさは、この表皮と真皮の状態で決まります。

表皮はまた細かく分類されています。
皮膚の上から角質層→顆粒層→有棘層→基底層となっています。
角質層は、とても丈夫な層で核を失った細胞が角片となっています。
美しさを保つためには、適度な厚さを持った角片が水分と脂分を保っている事が大切なのです。
いつでも新陳代謝を繰り返しています。
顆粒層は、紫外線から内側を守ってくれています。
有棘層は、皮膚の主な部分でリンパ液が通っている部分です。
栄養補給をする場所でもあります。
基底層は、最も内部にあるこの場所は栄養を毛細血管からもらっている所です。
新生細胞が誕生する場所でもあります。
また、皮膚の色の元であるメラニンを作る細胞もここにあります。

真皮は、コラーゲンやエラスチンから出来ていて弾力やハリと関係している部分です。
神経やリンパ管、毛細血管があります。

皮下組織は、真皮と筋肉や骨に挟まれています。
脂肪を含む場所で外からの刺激から内部を守ります。
熱の侵入を防ぎ、エネルギーを蓄える場所でもあります。

肌は、たくさんの構造によって出来ているのですね。
私たちには、肌の表面しかわかりませんがその内部はとても重要です。

ニキビは、さまざまな要因から起こります。
角質が厚くなり、毛穴の出口を塞いでしまう事。
汚れや皮脂が毛穴の出口に詰まってしまう(コメド)事。
アクネ菌が発生し、炎症を起こしてしまう事。
炎症が悪化し、膿を持ってしまう事。

素肌の状態がよくないとニキビへと発展してしまいます。
いつも状態を整えておく事が美しい肌を保つ第一歩なのです。

状態がよくないと言う人は今すぐ、ケアを始めましょう。
ニキビが出来る要因としては、ストレスや生活習慣の乱れ、不衛生な環境などが挙げられます。
あなたの肌の不良の原因は何でしょうか?
その原因と突き止める事こそが美しい素肌にするためのスタートラインです。
構造から理解して、内部からニキビの出来にくい美しい素肌を目指しましょう。
出来てしまったニキビは、お医者さんに相談する事をおすすめします。

アクネ菌を撃退することでニキビ知らずに



アクネ菌は、ニキビと密接な関係です。
1度はアクネ菌と言う言葉を聞いた人も多いのではないでしょうか?
これは、私たちの皮膚上の存在しているです。
ばい菌 は私たちの目には見えません。
ですが、顕微鏡で見ると明細に発生していることを確認することができます。
私たちの見た目にはわからないこと非常に厄介なばい菌 なのです。

この細菌は、赤ニキビの原因となるものです。
赤ニキビは、赤く炎症を起こし大きく腫れ上がった状態の事を言います。
このばい菌 は、毛包の毛の先端にいるものです。
別名、細菌と呼ばれる事もあります。
この細菌は、酸素を嫌いますので酸素の当たらない所に潜んでいます。
主に顔と背中に潜んでいます。
顔では、毛穴に汚れがたまり栓をした状態になるとその中で成長を始めます。
皮脂をエサにして進行させるのです。
そして、油をどんどんとよくない脂に変えてしまいます。
ここから、細菌性リパーゼと呼ばれる物質を作り出し炎症を起こしてしまいます。
赤く腫れ上がる時がその状態になります。
これを放っておくと、皮膚の組織までも破壊してしまい跡になってしまいます。
全てがこうなるわけではなく、悪化してしまった時や間違ったケアをしてしまった時にこうなるのですが、こうなると大変な結果になってしまいますので、自分で潰したり、膿を出したりしないようにしてください。
勝手な自己判断をして悪化させ陥没したクレーターのような肌になってからでは遅いです。
ですので早めに医師に相談する事をおすすめします。
クレーター状態になる前に医師に相談すれば、短時間低料金で治す事ができます。
進行してから医師に行くと時間も費用もかかってしまいますので早めに受診しましょう。

アクネ菌には、皮脂を好み、酸素を嫌うという特徴があります。
このばい菌 にとって皮膚はまさに好条件のいい場所となってきます。

従ってニキビを治すには、このアクネ菌を排除する事が大切です。
毛穴をつまらせないようにし、油をためないようにすればこの細菌はいなくなるでしょう。

アクネ菌を排除する効果的な方法は、洗顔です。
これなら自分の力で簡単にこの細菌をなくすことができます。
洗顔で、余分な皮脂を取り除き、毛穴の汚れを取り除く、これが一番根本的な原因を作らない最適な方法です。
しかし、ここで気をつけてほしい事が洗顔のし過ぎです。
洗顔のし過ぎは逆に、皮脂の過剰分泌を招いてしまいますので注意してください。
クレンジングには、オイルタイプのものではなく、乳液タイプのものやジェルタイプのものがおすすめです。
洗顔で最近を減らし、ニキビを根本的に治しましょう。
この菌を知る事は美しいお肌への近道となることでしょう。

ニキビをなくす治療薬



市販のニキビ治療や、皮膚科での治療には、塗り薬が使われます。
これは直接塗るものです。
原因となる菌を排除するものですが、中には体質に合わない人にいたり、肌荒れを起こす場合があります。
塗り薬としては、皮膚代謝を正常に導くものもあります。

飲み薬としては、漢方での治療方法もあります。
ニキビは、身体の内側と密接な関係があるため、体内からの治療が効率的とされています。
原因にはたくさんのものがあります。
全ての原因に効果があると言うわけではありませんが、一部の原因のものに効果があるようです。
漢方薬は、薬よりも体に優しいとされています。
普通の医薬品では副作用がある事がありますが漢方には一切ありません。


他にもニキビ治療のためのサプリメントも存在します。
ビタミンB2とB6は、ニキビを治すのに効果的な栄養素です。
健康なお肌を作り、エネルギー代謝や細胞の生成を助けてくれるものです。
そんなビタミンB2は、不足すると脂質のコントロールに異常をきたしてしまいます。
そうなると細菌に対する抵抗力も下がってしまうのです。
ビタミンB6は、不足するとターンオーバーにも影響が出てきます。

また、ビタミンCもとても大切です。
この栄養は、コラーゲンの合成を助けてくれる働きを持っています。
コラーゲンは、私たちの皮膚の中に存在しているもので、お肌のハリや潤いを保っている所でもあります。
私たちの体内に存在していると言っても、年々少なくなっていってしまうものです。
少なくなっていくことによって、免疫力が低下していってしまいます。

ビタミンAは、細胞再生を上手にコントロールしてくれるものです。
これが不足すると、皮脂が詰まりやすくなってしまったり、角質層が厚くなってしまったりします。

このような栄養素はニキビを治すのにとても有効的なものです。
食事で毎日それらを補う事は難しいのでサプリメントでの摂取が効率的です。

最近注目されているもので、プラセンタと言うものがあります。
プラセンタは、胎盤と言う意味で多くの栄養素が含まれたものです。
人、動物、植物性のプラセンタがあり、お母さんのおなかの中で赤ちゃんを成長させる働きを持っているプラセンタは、医療の分野でとても注目されているものです。
プラセンタは、サプリメントやドリンク、注射などで取り入れる事ができます。
他にも身体に良い効果がたくさんあるとされています。
跡を治す事にも効率的ですので、プラセンタに注目してみてはいかがでしょうか?

このページのトップヘ